ゲーム

ダメージを受けると本当に血を抜かれるゲーム大会「Blood Sport」


ケガをすることなく殺し合いができるのがゲーム大会の一番いいところですが、それでは物足りないのか、ダメージを受けるとその度に少しずつ血を抜かれていくゲーム大会がカナダで企画されていたようです。

大規模なゲーム大会ではその収益の何割かが寄付に回されることがあります。「Blood Sport」はそれをさらに前進させたゲーム大会を展開しようとしていました。

ダメージを受ける度に、プレイヤーから実際に血を抜いていくというもの。

このようにダメージを受けるとコントローラーが振動するので、その度にポンプが作動します。

だんだん目がうつろになっていくプレイヤー。

説明によると「Blood Sport」は「Battlefield」の新作リリースと同時に、全カナダでツアーを行い、献血ゲーム大会を広めようとしたようですがウケがいまいちだったのかKickstarterでの出資募集はだいぶ失敗したようです。

ゲームの対戦相手に実際にダメージを与えられるのが最大のエンタテイメント・ポイントだったわけですが、やはりちょっと生々しかったのでしょうか。
Blood Sport: The Ultimate in Immersive Gaming – YouTube

ソース:Blood Sport

Blood Sport: The Ultimate in Immersive Gaming (Suspended) by Brand & Grotesque — Kickstarter

関連記事

半ケツで座るゲーム大会の参加者を見つけてはそっと祈りをささげる男の不思議な画像が話題に - DNA

[字幕動画]中国のネット中毒矯正施設にいる子ども達のドキュメンタリー「Web Junkie」 - DNA

1人で「三目並べ」を遊ぶことができるゲームブック「Tic Tac Tome: The Autonomous Tic Tac Toe Playing Book」 - DNA

アメリカの大学が「スポーツ奨学生」として「League of Legends」のプレイヤーを募集中 - DNA

中世武術大会で勝利したプレートアーマーの女性剣士がやたらかっこいいと話題に - DNA

究極の「ごっこ遊び」、コスプレ+アクション+テーブルトークRPGな「LARPing」がヨーロッパで流行中 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧