世界のびっくりニュース

玄関などに使用されている一般的な鍵の仕組みがよく分かる動画


映画やドラマの中で針金みたいな道具を使っていとも簡単に鍵を開けてしまっているシーンを見ることがありますが、鍵の仕組みはそんなに単純に出来ているものなのでしょうか。実際に内部が見える鍵をつかったデモンストレーション映像です。

こちらは「ピンタンブラー錠」と言われるシリンダー錠の中で最も使用されているとされる鍵の仕組みを分かりやすく解説した映像です。
How a lock works – YouTube

鍵を差し込むと、錠前の中のピンが上下してロックを解除し、回転するようになるというのが基本的な仕組み。

ピンタンブラー錠の「ピッキング」は、テンションをかけつつ、凹みに合わせてピンをちょっとずつ押し下げるというテクニックです。
Lockpicking : Single Pin Picking (SPP) – YouTube

もし旧式の単純な鍵を使用している場合、簡単にピッキングされてしまう場合もあるため、一つのドアに2つの鍵をつける「1ドア2ロック」や「防犯建物部品(CP認定錠)」を使用するなどの対策が必要不可欠。年末は特に空き巣等も増える時期なので十分に注意して下さい。

関連記事

カギの掛かったスーツケースをペン一本で簡単に跡形もなく開け閉めしているデモ動画 - DNA

動物病院の鍵付き檻から脱獄するネコの動画 - DNA

60m先から撮影した画像から鍵をコピーすることができるソフト「Sneakey」 - DNA

どんな泥棒にも決して手が出せない、究極の自転車盗難対策ロック - DNA

90年代に作られたピッキングしにくい「ぐにゃぐにゃ」と曲がる鍵 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧