世界のびっくりニュース

戦闘機がすぐそばを走り抜けていく空母のオペレーターの一人称視点動画


世界にはいろいろとキツくて危険な仕事がありますが、中でも航空燃料と火薬を満載した戦闘機が自分のすぐ横を猛スピードで走り抜けていく空母の甲板作業員の危険さはひとしおです。うっかりミスをすると物理的にクビがなくなります。

動画はこちらから。
Waist Catapults – Centerdeck Operator – First Person – YouTube

センターデッキオペレーターの仕事は、今から飛ばす戦闘機の機種や武装を見てその重さをチェックし、カタパルトの機関員に伝えるというもの。カタパルトは飛ばすものの重さによって設定を変えなければならずかなり大事な仕事です。

普段は横の退避ピットで仕事ができるのですが、色々と止むに止まれぬ場合や研修の際はこうして甲板のど真ん中で任務につくようです。

関連記事

違和感を感じるまでにふわりと降りてくる、最新型戦闘機F-35Bの着艦実証テスト - DNA

アメリカ海軍の自律型無人航空機「X-47B」空母への着艦テストに世界で初めて成功 - DNA

空母の甲板作業員の視点で見る「空母から艦載機を発艦させるシーン」 - DNA

洋上の空母から衛星回線を通じて海軍のデータベースにハックをしかけた水兵を逮捕 - DNA

中国の貯水池に浮いているどうやって持ってきたのか分からない航空母艦 - DNA

ローマは1日にしてならず、アメリカ海軍の空母「ジョージ・H・W・ブッシュ」ができるまでを詳細に追いかけた画像35枚 - DNA

中国が作ったJ-15戦闘機と空母のプロモ動画が「トップガン」っぽくてすごい - DNA

艦載用無人航空機向けにクルーのジェスチャーを理解するシステムを開発 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧