科学と技術

誰でも作れるオープンソースのレーザー射撃訓練システム「HomeLESS」の画像と動画


レーザーを用いた射撃シミュレーターはすでに実用化されているものの、導入にはかなりの費用がかかるので警察や軍など一部の組織でしか購入することができません。こちらの「HomeLESS(Home LASER Shooting Simulator……家庭用レーザー射撃シミュレーター)」はごく安価なハードウェアとオープンなソフトウェアを使って、誰でもレーザー射撃をおこなうことが可能です。

「HomeLESS」システムの全景。

プロジェクタにターゲットを映写し、一瞬映るレーザーの赤い光点をWebカメラで読み取るという仕組み。

ソフトウェアはソースコードが公開されています。PCはごく普通のものが使えるので、あとはWebカメラとプロジェクターがあればシステムを構成できるということです。

銃は市販のエアガンにレーザーモジュールを組み込んだもの。
MP5 – submachine fun :: HomeLESS.eng

的を自由に動かすことができるので、射撃ゲームとしても楽しいものとなっております。

動画はこちらから。
The Bubbles TD – YouTube

レーザーだと弾が飛び散らず、発射音もしないのでいつでもどこでも練習に使えるというメリットがあります。システム用のレーザー銃身が規格化されれば、より楽しみが広がるかもしれませんね。

ソース:Info :: HomeLESS.eng

関連記事

お家で手軽にみっちり射撃の練習ができるレーザーターゲットシステム「LT-PRO」 - DNA

オープンソースのレーザー射撃訓練装置用フレームワーク「Shoot: OpenFire Framework」 - DNA

レーザー光を照射するカートリッジで的を撃てる「LaserLyte Laser Training System」 - DNA

レーザーで狙いをつけられるバリカン「Philips Beard Trimmer 9000」 - DNA

弾丸・予算不足のためハマスが「射撃シミュレーター」を独自開発 - DNA

超精密カットができるかもしれない「レーザー誘導式ハサミ」 - DNA

レーザーガイド付きでタクティカル過ぎるピザカッターが発売 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧