科学と技術

警察のヘリコプターにレーザーポインターを照射するとこういうことが起こる


飛んでいる飛行機やヘリにレーザーポインターを照らすイタズラが時々ニュースになりますが、相手がうっかり警察のヘリコプターだとこんなにもアッサリと捕まってしまいます。

どこかの民家の庭から警察のヘリに向かってレーザーポインターを照射している人がいるようですね……こういう場合はどうなるか。

表面温度を白黒で表示する赤外線カメラにチェンジ

どうやらこの酔っぱらいたちがレーザーを照射していたようです。

場所が特定できたので、地上の警察官をその家に誘導。

カメラでずーっと監視していたので「そうそう、そいつ。そこに立ってる男」と空中から直接犯人を指示できるというわけです。

動画はこちらから。
Police helicopter tracks down laser pen party lout – YouTube

レーザーポインターは直接見ると網膜が損傷して視力を失うほか、デジタルカメラやセンサーを壊す兵器としても使われており、飛行機やヘリコプターに向けて照射するのは大変危険な行為です。遊び気分のこの人達には良い薬となったのではないでしょうか。

関連記事

旧ソ連製の試作レーザー砲戦車「1K17」のかっこよすぎる画像いろいろ - DNA

Blu-Rayドライブの部品でできる強力なDIYレーザー銃の動画 - DNA

次々見つかる脆弱性「新しいiPad」は高出力レーザーにも弱い - DNA

レーザーの力でカミナリを自由自在に召喚できるようにする技術が開発中 - DNA

超精密カットができるかもしれない「レーザー誘導式ハサミ」 - DNA

企業戦士のためのレーザーサイトつきネクタイ「Tactical Necktie」が発売 - DNA

旧ソ連時代の宇宙飛行士用レーザーガンのデザインがレトロフューチャー過ぎる - DNA

お家で手軽にみっちり射撃の練習ができるレーザーターゲットシステム「LT-PRO」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧