科学と技術

ラジコン・クアッドコプターを一人称視点で飛ばすエアレースがすごい


何か非日常的な乗り物の運転手になるのは楽しいもの。しかもそれが高速で飛ぶクアッドコプターならいうことはありません。ラジコンにカメラを搭載し、モニタで映像を見ながら飛ばすレースが実にSF映画っぽくて大変なことになっています。


動画はこちらから。カメラをかなり締め付けておかないと振動でブレブレになって何も見えなくなってしまうそうです。
FPV Racing Mini Quadcopters Advanced Course – YouTube

接触で折れてしまったプロペラ。お金かかりそうなレースです。

ゲートにぶつかった時のクラッシュの仕方や、追い抜きの時の様子がそのまんまコレに見えますね。現実のほうが物語に近づいてきたということでしょうか。
Phantom Meneace – Pod Racer 720p [HD] – YouTube

関連記事

一人称視点のタイムラプス動画をステディカム並に滑らかにする「HyperLapse」技術の動画 - DNA

これは爽快、コックピットにカメラを積んだラジコンのF-16戦闘機からの動画 - DNA

Oculus Riftで初代「ゼルダの伝説」をFPS化するとまったく違う世界が広がっていた - DNA

実機も飛ばせそうなくらいリアルなフライトシムでSu-27フランカーが飛ばせる「DCS: Su-27 for DCS World」先行予約開始 - DNA

ホンモノのジェット機のコックピットで遊べるフライトシミュレータを自作した男 - DNA

翼で草を刈れるくらい低く飛んでくる軽飛行機の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧