アートとデザイン

古代マヤ神話の「コウモリの神」と「バットマン」を融合させたバットスーツの画像


もしアメコミヒーロー「バットマン」が、かつてメキシコ南東部や中米付近で栄えた「マヤ文明」の神話に登場するコウモリ神の生まれ変わりだったとしたら……そんなイメージで作られたバットスーツは、なかなかのイカつさに仕上がりました。

バットマンのデビューは1939年の月刊アメコミ誌「Detective Comics」。2014年の75周年を記念しメキシコの博物館「the Mexican Museum of Design」と「ワーナー・ホーム・エンターテイメント・メキシコ」が協力し、30人のアーティストによるバットマンをモチーフとした作品の展示会がメキシコで開催されました。このマヤ・バットマンはこの展示会で公開された作品の一つです。

マヤ神話に登場する地下世界に住むコウモリの悪神「カマソッソ(Camazotz)」をモチーフに制作されています。

1. こちらがモデルとなった「カマソッソ」。なかなか凶悪な見た目の神ですね。

下描き段階のマヤ・バットマン

2.

3.

4.

大まかな形は出来上がりました

5.

古代風に仕上げていきます

6.

7.

8.

9.

10. 完成です。メソアメリカ版の兵馬俑といった雰囲気もありますね。

こちらのサイト「Extraordinerd」では、30人のアーティストの「バットマン」が紹介されています。
Fotos y video de la exposición Batman a través de la Creatividad Mexicana | Extraordinerd

ソース:Batman a través de la creatividad mexicana on Behance

関連記事

古代マヤ文明風に描かれたポケモンのイラストシリーズ「Pokemayans」 - DNA

世界の有名な観光地や遺跡をズームアウトしてみると想像とは違う景色があった - DNA

世界中の有名な遺跡や観光地のティルトシフト写真プロジェクト「Tilt Shift」 - DNA

砂漠の谷の中に忽然と現れる古代遺跡「ペトラ」を幻想的にキャンドルでライトアップ - DNA

奇岩群「妖精の煙突」や古代地下都市など、トルコ・カッパドキアの魅力がギュッと詰まった映像「Lunar Landscapes, Turkey」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧