アートとデザイン

50~60年代のアメリカで隆盛を極めた「ドライブインシアター」の現在を撮影した写真シリーズ「Vanishing Drive-Ins」


一時は爆発的人気を誇ったものの、現在は衰退の一途をたどり消えつつあるアメリカの「ドライブインシアター」の姿を撮影した写真シリーズ「Vanishing Drive-Ins」です。かつての栄光はもはや影をひそめ、ほそぼそと営業し続けているありのままの現状が記録されています。

ドライブインシアターは、巨大なスクリーンが設置された駐車場で車に乗ったまま映画鑑賞する事ができる映画施設。1950年代から1960年代当時を代表する2つの産業、自動車と映画が組み合わさったまさにアメリカを代表する文化だったのです。

小さな子どものいる家族や若者たちのデートなどプライベートな空間を必要とする人たちにも非常に人気が高く最盛期にはアメリカ全土に4000以上も存在していました。

しかし、1970年代以降になるとサマータイム期間の明るい夜や雨天時に営業ができない事による営業効率の悪さに加え、土地価格の上昇、若者たちの目に余るインモラルな行動、さらには家庭用ビデオの普及などが追い打ちをかけ、現存するのはは全映画館の約1.5%、400ヶ所以下となってしまいました。

未だ運営されているドライブイン・シアターもデジタル映写機への機材更新費用を賄うことができず、おそらくは消えてしまうと思われます。しかしアメリカ・ホンダによってドライブインシアターの保存キャンペーンが行われるなど、文化遺産としての保存する動きも高まりつつあります。

1. 「Fiesta」(ニューメキシコ州カールスバッド)

2. 「Fiesta」(ニューメキシコ州カールスバッド)

3. 「Fiesta」(ニューメキシコ州カールスバッド)

4. 「Fiesta」(ニューメキシコ州カールスバッド)

5. 「Becky’s」(ペンシルベニア州ウォルナットポート)

6. 「Becky’s」(ペンシルベニア州ウォルナットポート)

7. 「Silver Moon」(フロリダ州レイクランド)

8. 「Silver Moon」(フロリダ州レイクランド)

9. 「Starlite」(バージニア州クリスチャンズバーグ)

10. 「Circle」(ペンシルベニア州ディクソンシティ)

11. 「Circle」(ペンシルベニア州ディクソンシティ)

12. 「Malta」(ニューヨーク州マルタ)

13. 「Malta」(ニューヨーク州マルタ)

14. 「Tru-Vu」(コロラド州デルタ)

15. 「Big Sky」(コロラド州デルタ)

16. 「Frontier」(コロラド州センター)

この写真シリーズを撮影した Stefanie Klaven 氏 は「アメリカで絶大な人気を誇った文化が急速に消えていく今を記録したかった。この写真シリーズを通して建築とデザイン、私達の社会や習慣の歴史の進化、過去を記録をすることの重要性について掘り下げています」とのこと。

これらの写真はアメリカの写真家 Stefanie Klaven 氏の作品です。

ソース:Vanishing Drive-Ins

関連記事

薄闇の世界、映画館の映写室と仕事中の映写技師たちの写真集「The Booth」 - DNA

映画館でプロポーズを仕掛けた男性が用意した壮大すぎるアクション映画風ニセ予告編 - DNA

映画館で観客に「運転中の携帯電話使用の危険性」を強制的に体験させる映像 - DNA

映画の登場人物が「映画館で映画を見ているシーン」のマッシュアップ動画 - DNA

映画館に行ったら周りが全員マッチョなバイカーギャングだった……というドッキリ動画 - DNA

米ホンダ、アメリカ国内の「ドライブイン・シアター」保存キャンペーンを支援 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧