科学と技術

近代以前の手法だけを使って納屋を建てているタイムラプス映像


宗教的な理由により現代技術を禁じ、アメリカ大陸へ移民してきた18世紀当時とほぼ同じ生活を営むキリスト教系の宗教集団「アーミッシュ」の人々。建物を建てる時も例外ではなく近代以前の手法で行われています。

アメリカ・オハイオ州のアーミッシュの人々が朝の7時から夕方の5時までの10時間でほぼ納屋を完成させている様子を収めた3分のタイムラプス映像です。20秒毎に撮影した写真1600枚を使用した制作されています。

動画はこちらから。
Ohio Amish Barn Raising – May 13th, 2014 in 3 Minutes and 30 seconds – YouTube

電気や自動車などの現代技術を使用せず、親戚や近所の人たちが大勢集まって一気に作業をしているまさに姿は圧巻。ところで、アーミッシュの人たちが家を移動させる場合は80人で家を丸ごと持ち上げて運ぶことになります。

関連記事

ヨーロッパ各都市の夜にたたずむ美しき建築物をタイムラプス撮影した動画「NIGHTVISION」 - DNA

ニューヨーク復活の象徴「One World Trade Center」の建築の様子を2004年から2013年まで追いかけたタイムラプス動画 - DNA

「死の谷」にある廃墟の街を真夜中にタイムラプス撮影した4K映像「Ghosts of Death Valley」 - DNA

「その頃、アメリカ・○○州では……」全50州の特徴を的確に捉えた写真50枚 - DNA

80人の気合と根性で家を一軒丸ごと持ち上げて運ぶアーミッシュの人たち - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧