ネット・PC

Arduinoでライフル用反射式照準器の表示をカスタムした動画


レンズに反射させた光点を使って照準するドットサイト(ホロサイト)と呼ばれる照準器をゲームの中などで見たことがある人は多いと思います。普通の照準器と違って斜めから覗きこんでも使用できるラフさから、使用する人も多い道具ですが、この表示をマイコンを使ってカスタムしたものが動画で公開されています。

何がどうなっているのか一発で分かる動画はこちらから。
EOHack 1.0 – YouTube

通常は強力なLEDなどを光源にしてレンズに反射させているのですが、この作例ではArduinoマイコンにOLEDスクリーンを接続し、レンズに投影しているようです。極小のプロジェクターのような感じでしょうか。

ArduinoマイコンはGPSを受信できたり、Wi-Fiなどを通じてネットにも接続できるのでその辺りで色々な使い方ができそうです。サバイバルゲームでこういうものがあるとちょっとおもしろいかもしれませんね。

s

関連記事

Arduinoを仕込んだテディベアに「ブレードランナー」の名セリフを喋らせる動画 - DNA

思い出にサヨナラするための最終兵器「手作り自動フロッピーディスク装填機」 - DNA

ギターでEメールを送信する天才あらわる - DNA

150ドルで自作するオープンソース版ヘッドマウント3Dディスプレイ「OpenVR」 - DNA

12歳の普通の少女がTrackingPointライフルで約900m先の狙撃に成功 - DNA

Google Glassで最強のスナイパーを作り出すTrackingPointの「Shot View App」の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧