アートとデザイン

もしも爆破王マイケル・ベイ監督が「カールじいさんの空飛ぶ家」を作るとこうなる


何かを爆発させたら右に出るものがいないアクション映画のマエストロ、マイケル・ベイ監督が、もしピクサー映画「カールじいさんの空飛ぶ家」を作っていたらこうなっていたのでは……というフェイク予告編動画です。


動画はこちらから。
What if Michael Bay Directed “UP”? – YouTube

「トランスフォーマーズ」などベイ監督の作品のセリフなどに吹き替えたり、爆発を足したりするとなるほど「ベイヘム」っぽい……脇役がなぜだか意味ありげに見えてくるのも不思議です。

ちなみに「タイタニック」をベイ化するとこの通り。オリジナルのキャメロン監督もハデハデな人ですが、さらに爆発大盛りとなっています。

関連記事

マイケル・ベイ監督の壮大な撮影テクニック「ベイヘム」を徹底的に解説・評価する動画(字幕あり) - DNA

娯楽アクション大作の王者、マイケル・ベイ監督作品のデータをまとめたインフォグラフィック - DNA

爆破王マイケル・ベイがプロデュースの映画「ニンジャ・タートルズ」の公式予告編が公開 - DNA

爆破王マイケル・ベイ「ゴーストリコン」シリーズの映画化に着手 - DNA

有名映画監督が有名じゃないころに制作したTVコマーシャルの動画いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧