ゲーム

「Battlefield Hardline」12分にわたるキャンペーンモードのプレイ動画が公開


題材を軍隊から警察にフォーカスした「Battlefield」シリーズの最新作。中身がどうなるかいろいろと予測やリークがあるわけですが、今回公式チャンネルで公開されたキャンペーンモードの動画にはいろいろと新機軸が盛り込まれていました。


2人の刑事がシンジゲートにニセの取引を持ちかけるも、バレていて……という刑事モノではよくある展開。

展開は固定ですが、通るルートはいろいろある様子。強制的に戦闘になる風でもなく、静かに敵を倒していくいわゆる「ステルス」な感じで遊べるようです。

「左から行くのか、右から行くのか、正面から行くのかどうするんだ!」というルート選択シーン。

スキャナを使って敵をマーキングしていくシーン……ってなんだかこのゲームに似てきているような……

指名手配のやつを逮捕すると報奨金も出る様子

なお、殺すだけでなくホールドアップさせたり……

テーザー銃で感電させるなど、無力化の方法はいろいろあります。このあたりは現実世界のアメリカをほぼそのまま反映させていますね。

武器を色々買うところ。警察官でも武器は買わないといけないのか。

敵を盾にしながら他の敵を撃つ非道な警察官。

なんだか色々なゲームのウケている要素をガンガン取り込んできたという印象を強く受けます。「Metal Gear Solid: Ground Zeros」はSteam配信、つまりPCでも遊べることが発表されていますが、どっちがどっちの市場を狙ってきているのか……という見方をするのも面白そうです。

動画はこちらから。
Battlefield Hardline: 12 minutes of Singleplayer – YouTube

他にもいくつかゲームモードがあるようです。こちらは「Rescue」。潜入・突入し人質を脱出させることができるかどうかというゲームモード。これも今開発中の「Rainbow Six Siege」を強く意識しているような感じですね……。
Battlefield: Hardline: Rescue Multiplayer Gameplay Trailer – YouTube

関連記事

舞台を戦場から街に移したBattlefieldシリーズ最新作「Battlefield Hardline(バトルフィールド ハードライン)」特徴や動画いろいろ - DNA

SWATvs強盗の頭脳戦が楽しめるFPS「Rainbow Six(レインボーシックス)」最新作「Rainbow Six Siege」 - DNA

立てこもった武装犯をあの手この手で掃討するFPS「Rainbow Six Siege」新トレーラー動画 - DNA

「対戦車ロケットをもったテロリストの格好」でウロウロすると何分くらいで警察が来るのか? - DNA

他人の家に30回以上SWATを送り込んでいたカナダのクソガキが逮捕 - DNA

メキシコの麻薬カルテルは武装しすぎ - DNA

[字幕動画]80年代に撮影されたFBIのHRT(人質救出チーム)を30分間みっちり紹介する内部向け動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧