アートとデザイン

第一次世界大戦中、男性に代わって元気に働く女性たちの貴重なモノクロ写真シリーズ「WW1 Women at Work」


農業や軍需工場の勤務から軍隊、消防士、肉体労働などで働く男性が兵士として出征すると、その穴をうめるため女性がイギリスでは大活躍しました。慣れない仕事に従事しながらも素敵な笑顔で働く女性たちの姿が収められてた写真は、女性の強さやたくましさを再確認出来ます。

第一次世界大戦以前、当時のイギリスでは10%未満だった女性の就業率が、戦争が始まるとその数は3倍以上にもなったと言われています。

1. 柵をまたいで農機具を繰り上げた笑顔のウーマンズ・ランド・アーミーたち。ウーマンズ・ランド・アーミー(Women’s Land Army)は、第一次・第二次世界大戦中に戦争に行った男性に代わり農場で働く女性たちのイギリス市民団体。1916年。

2. 女性警察官たち。1916年。

3. イギリス・ロンドンのメリルボーン駅で伝統的に男性が担っていた荷物運びを肩代わりする女性たち。

4. ホースと消火器を持って訓練を行う女性消防隊。1916年。

5. 女性の長官を囲む女性消防隊員たち。1916年3月。

6. 応急看護師部隊(First Aid Nursing Yeomanry:FANY)の救急車運転手たち。1917年1月、フランス・カレー。

7. 機械工場で働く女性たち。1917年。

8. 今日一日の仕事場となるバスへ列になって向かう女性バス添乗員たち。1917年9月。

9. 自動車の下へもぐり修理をする女性メカニック。1917年。

10. Clyno社製サイドカーにまたがる女性イギリス陸軍航空隊のオートバイ乗り。1916年頃。

11. 女性陸軍の入隊訓練風景。1917年。

12. 軍需工場で働く若い女性、1916年頃。

13. プロパガンダ・ポスター

14. 軍需工場での溶接作業。1915年頃。

15. イギリス・ロンドンのメリルボーン駅でグレート・セントラル鉄道の貨物車を洗浄をする女性ポーターたち。1914年頃。

16. ロンドン・チズウィックの道を清掃する女性二人。1914年。

17. 英・ヴィッカース社の工場で薬きょうを製造する女性たち。1915年。

18. 赤十字病院として使用されていたハワース・ホールのナースたち。1915年。

19. イギリスの工業都市コヴェントリー、慣れない手つきで手押し一輪車を操作する女性たち。1917年。

20. スコットランドにあった砂糖の精製工場で砂糖を作るための釜に石炭くべる女性二人。1916年。

21. ヴィッカース社で製造した薬きょうの内部を検査する女性たち。1914年。

ソース:WW1 women at work: In pictures – Telegraph

関連記事

1955年から2011年までの「世界報道写真コンテスト」大賞作品 - DNA

重傷を負った英軍兵士が女性衛生兵にお願いしたたった一つのこと - DNA

人類の重要な歴史の1コマを色鮮やかに蘇らせたカラー復元写真40枚 - DNA

世界中に残る放棄された軍事施設の廃墟いろいろ - DNA

人類の軌跡、いろいろな時代を象徴している歴史的な写真38枚 - DNA

世界第1次大戦の小火器のイラストをクラウドソーシングで全部描くプロジェクト「Small Arms of WWI : A Collaborative Project」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧