アートとデザイン

3Dプリンタで出力するナイロン樹脂製アルトサックスをスイスの研究者が開発


アコースティック楽器は木と金属で作られるのが基本ですが、最近は樹脂を使ってなんとかできないかという研究も進んでいるようです。こちらはほとんどのパーツが3Dプリンタで出力されたナイロン樹脂のアルトサックス。ほぼ「実物」通りの機能が実現できているようです。

1. スイス・ルンド大学のオラフ・ディーゲル教授が創りだしたのがこの3Dプリンタ製サックスフォン。ネジ・スプリングとマウスピースなどを除く41個のパーツでできています。

2. サックスのキーはそれぞれ相互に連動しているものがあり、そのリンクのせいでパーツ点数が増えてしまうとのこと。最適化することでもっとパーツを減らせるのではないかということです。

管楽器の中でもサクソフォンの歴史は200年弱と浅く、生楽器の中では「つい先日生まれたもの」という扱い。それ以前の楽器と比べれば洗練されてはいるものの、まだまだ改善できるところはたくさんあるようです。

演奏しているところはこちら。軽いせいでビビリが出ているようですが、ちゃんとサックスの音になっていますね。
3D Printed Saxophone – Sneak Preview – YouTube

関連記事

金管楽器プレイヤー必見のウォーターキー型イヤホンジャックアクセサリー「つば抜くやつ」がすごい - DNA

普通のバイオリンを「ストラディバリウス」に近づける特殊な胞子 - DNA

もう「何それ」とは言わせない……ユーフォニアム1本で「ファイナルファンタジー4・ボスのテーマ」の全パートを演奏する動画 - DNA

クラシック音楽愛好家には効果てきめんな「携帯の電源を切ってください」サイン - DNA

トロンボーン奏者にどんなトラブルが発生したのか一発でわかる動画 - DNA

もしも「あまちゃん」がハリウッド化したらオープニングテーマはこうなる - DNA

いつの間にか全員集合したオーケストラが「スター・ウォーズ」のテーマ曲を演奏するフラッシュモブ動画 - DNA

指揮者の「動き」がオーケストラに対し視覚的に影響を与えることが科学的に証明される - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧