ネット・PC

いつでも思う存分オート拳銃のジャム対処練習ができるアプリ「TapRack App for iOS」


火薬の不発や装填不良など、オートマチック拳銃では時折り「ジャム」が発生し射撃ができなくなることがあります。これを見越して故障をクリアする練習をするのですが、このアプリ「TapRack」ならいつでもどこでも練習可能です。


「ジャム」と一口にいっても色々あります。こちらは撃った後に薬莢の排出に失敗した「ストーブパイプ・ジャム」。
File:Failure to eject (FTE), firearm.jpg – Wikipedia, the free encyclopedia

こういう事態を想定して、クリアする練習を「マルファンクション(動作不良)・ドリル」といいますがこのアプリは、iOSデバイスを使っていつでもどこでもマルファンクション・ドリルができるというすぐれもの。

引き金を引くと発射音がしますが時々止まります。そしたらマルファンクション・ドリル開始。まず弾倉がきちんと挿入されているかどうか叩いて確かめる「Tap」。

そして遊底を引いて、不発の弾や詰まった薬莢を取り出す「Rack」

ちゃんと抜けて薬室が空になったかどうかもチェックしましょう。

そして最後に射撃しなおす「Bang」。ジャムをクリアして2回トリガーを引くと得点になりますが、本番では撃たなくてもいい時に撃ってしまわないように注意しましょう。

この一連の動きを「Tap Rack Bang」といい、それがアプリの名前にもなっています。動画はこちらから。iTunes向けにこちらのページから無料ダウンロード可能です
TapRack App for iOS – YouTube

本物の「tap rack bang」はこちらから。色々なタイプのジャムに対処しています。
Tap Rack Bang – YouTube

TapRack on the App Store on iTunes

関連記事

お家で手軽にみっちり射撃の練習ができるレーザーターゲットシステム「LT-PRO」 - DNA

オープンソースのレーザー射撃訓練装置用フレームワーク「Shoot: OpenFire Framework」 - DNA

レーザー光を照射するカートリッジで的を撃てる「LaserLyte Laser Training System」 - DNA

数多の世界記録をもつ伝説の名シューター「ジェリー・ミチュレックだけど何か質問ある?」に寄せられたQ&Aまとめ - DNA

「50口径に耐えるiPhone4」やっと実現、厚さ1インチの装甲ケースが発売 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧