エンタメ

米ワーナーが1978年のTVゲーム「スペースインベーダー」の映画化権を取得


ゲームやコミックの映画化のいいところは、原作の知名度を活かせるところ。その点「スペースインベーダー」ほぼ完璧なわけですが、いったいどのように映画化するのでしょうか。


スペースインベーダー」は株式会社タイトーが1978年(昭和53年)に発売したアーケード向けシューティングゲーム。自機を左右方向に動かし、遮蔽物に隠れながら迫り来るインベーダーどもを撃墜するゲームです。当時はどっちを向いてもインベーダー、というくらい流行し、数多くのコピーゲームが開発・販売されるほどでした。
スペースインベーダー – YouTube

というわけで知名度としては完璧なのですが、ストーリー性はほぼゼロなので映画の元ネタにするのは相当難しそうです。今のところ「映画化権」の取得なので、これから実際に脚本を描いたりキャスティングしたりという制作作業が行われるかどうかは不明。どういう力技でストーリーをつけてくるのか実に楽しみですね。

ちなみに脚本・プロデューサーとして「ローン・サバイバー」「アイ・アム・レジェンド」のアキヴァ・ゴールズマン、先日公開された「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のジョビー・ハロルドという、結構パワフルなクリエイター達の名前が上がっています。

同じくシンプルなボードゲームを映画化した「バトルシップ」は、びっくりするくらいの駄作っぷりで最低映画を決める「ラジー賞」7部門ノミネートという大変な結果となってしまいました。「インベーダーゲーム」はどこまで大丈夫なのでしょうか。

ソース:Akiva Goldsman to Produce ‘Space Invaders’ for Warner Bros. (Exclusive) – TheWrap

関連記事

エリア51で働いてたけど何か質問ある? - DNA

なぜかブロックで人類が絶滅しそうになる映画版「テトリス」予告編風動画 - DNA

「ミサイルコマンド」「海戦ゲーム」……レトロなゲームがどんどん映画化進行中 - DNA

「モノポリー」「海戦ゲーム」……ボードゲームの電子化に批判の声 - DNA

全長6メートルの巨大マルチタッチディスプレイで大艦隊戦が楽しめるゲーム「Fleet Commander」 - DNA

懐かしさとレトロ感がたまらない、1970〜80年代に活躍したマナーを訴えている東京の地下鉄ポスター27枚 - DNA

もしもレトロなゲームに「スーパーイージーモード」があったらこんな感じになるという動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧