エンタメ

ハリウッド版「ゴジラ」さっそく「東宝版ゴジラの敵キャラが出る続編作ります」と制作元が言及


先日2014年7月26日に封切られて以来「おかえり日本のゴジラ!」「やればできるじゃんハリウッド!」などポジティブなレビューが続出しているレジェンダリーピクチャーズ版「ゴジラ」ですが早くも続編について制作元がツイートしているようです。ややネタバレもあるのでご注意ください。


こちらが「続編やるよ」ツイート。監督はGareth Edwardsを継続して起用するようです。

さて、ゴジラシリーズのフォーマットといえば

1. 日本に上陸したゴジラを人間が総力を結集して倒す
2. 日本に上陸した謎の敵に人間が苦戦しているとゴジラがやってくる

の2パターンでした。今回のレジェンダリー版ゴジラは「2」でしたね。オリジナル版の敵が登場しそれをゴジラがすさまじいパワーでぶっ飛ばしたわけですが、次の敵はちょっと手ごわそう。

「将来の『ゴジラ』作品には東宝ゴジラに出ていた懐かしのモンスターが出てきます」とのこと。つまりモスラとかキングギドラとか日本ではお馴染みの大怪獣がハリウッドの技術で大変なことになるということで、これは楽しみであると言わざるを得ませんね!

以前「ゴジラvsメカゴジラ」の音声や映像を利用して作られた「パシフィック・リム 東宝ゴジラ的予告編」なるファンメイドのトレーラーがものすごいハマりっぷりであることをご紹介しましたが、まさにこの予告編に現実のほうが近づいてきているというのもすごいことです。

ソース:Gareth Edwards returns to direct ‘Godzilla 2′ with Rodan and Mothra | The Verge

関連記事

第1作「ゴジラ(1954年)」の映像にハリウッド版「ゴジラ(2014年)」予告編の音を重ねたマッシュアップ動画がすごい - DNA

新・ハリウッド版「ゴジラ」の予告編動画がものすごく期待できそう - DNA

昭和感満点でものすごく見たくなるファンメイドトレーラー「パシフィック・リム 東宝ゴジラ的予告編」 - DNA

スター・ウォーズの多脚戦車「AT-AT」は特撮担当者の魂を削ってアニメーションしていた - DNA

37年間の「アカデミー視覚効果賞」まとめ動画に特撮の進化の歴史を見る - DNA

ギレルモ・デル・トロ監督「パシフィック・リム2は2017年4月」と発表 - DNA

史上最もキュートな「チェルノ・アルファ」のコスプレはこれだ - DNA

ギレルモ・デル・トロ監督が決して手離さない「あのノート」の驚くべき中身の画像いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧