アートとデザイン

フル3Dなのにレトロフューチャー風のロシア製アニメーション「Futurama 3d」


レトロフューチャーとは「50年代・60年代くらいの未来想像図風」くらいの意味。昔のプラモデルの箱絵などはその代表格ですが、あのタッチのままフル3Dアニメにしてしまったのがこの作品。手描き風なのにやたら精密な動きを見せてくれます。


動画はこちらから。2Dではなくフル3Dなので、レトロなタッチなのに背景や乗り物が最新のCGアニメのごとく縦横無尽に動きまわるこのギャップがたまりません。制作はロシア在住のAlexey Zakharov氏。
Futurama 3d (test shot) on Vimeo

20世紀半ばごろのSF雑誌や宇宙プロパガンダにはこんな感じのイラストがたくさん掲載されていたそうです。描いた人の頭の中でこんな風に動いていたのでしょうか。

動画中に出てきた宇宙船の中の一つだけをとりだしたもの。3Dモデルなので前後左右に向きが変わってもサイズが正確です。
Futurama Planet Express ship on Vimeo

ソース:FUTURAMA 3D part 1 on Behance

関連記事

空想科学イラストの旗手、小松崎茂のボックスアート作品いろいろ - DNA

日本の2大アート「ゲーム」と「浮世絵」をマッシュアップした力作「Ukiyo-e Heroes」 - DNA

「はやぶさ」の旅を成功させた「あのダイオード」の指輪「はやぶさリング」販売中 - DNA

20世紀半ばのソ連で描かれたレトロフューチャーな未来の乗り物のイラストいろいろ - DNA

旧ソ連時代の宇宙飛行士用レーザーガンのデザインがレトロフューチャー過ぎる - DNA

レトロフューチャーな雰囲気がたまらないSF旅行ポスター14枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧