科学と技術

マン島TT・マウンテンコースの四輪車最速ラップを叩きだしたスバル・WRX STIの全走行オンボード映像


1907年に始まり100年以上の歴史を誇るバイク・レース「マン島TTレース」では、技術の進歩により毎年のように最速記録が更新されており、二輪車だけではなく四輪車も例外ではありません。そんなわけで最新のスバル・WRX STIが四輪車最速ラップを記録したタイムアタックの一部始終を収めた約22分間に及ぶオンボード・カメラ映像です。平均時速186km、最高時速260kmを超えるスピードで市街地を含む公道を走る姿はまさに圧巻の一言。

2014年6月4日、イギリスの元ラリー・チャンピオン マーク・ヒギンズ(Mark Higgins)がハンドルを握る「スバル・WRX STI 2015年版」がマン島TTレースで使用される60.8km(37.8mile)のマウンテンコースの四輪車最速ラップを記録しました。以前の四輪車最速ラップは、3年前の2011年にマーク・ヒギンズ自身が記録した19分56秒7、今回の記録19分26秒のため約30秒縮めたことになります。

今回のタイムアタックでは、300馬力の2.5L水平対向ターボエンジンを搭載したアメリカ仕様の標準市販車の WRX STI を使用。ほとんど仕様の変更は行われておらず、高速で公道を走行するため道の段差対策としてスプリングやダンパーの変更程度であり、あとは必要最低限の安全他対策のロールケージ、レース用ハーネス、消火システム、レース用タイヤが装備されています。

この映像には様々な情報が表示されており、上部の左から心拍数、皮膚温度、ラップタイム、呼吸数、コースの現在地、下部はGフォースと速度がリアルタイムに確認することが出来ます。タイムアタックが始まる瞬間(動画3:00〜)や要所要所で様々な数値が急激に変化するのも見どころです。

動画はこちらから。
Subaru WRX STI Isle of Man: Flat Out – The Full Lap – YouTube

オンボード以外の映像が見られる動画です。
Subaru TT Challenge 2 – YouTube

ちなみに2014年のマン島TTレースでバイク最上位クラス「TTスーパーバイク」で最速ラップの 17分06秒682 が記録されています。その最速ラップ映像は「マン島TTレースでスーパーバイクの最速ラップレコードを記録した時の大迫力オンボード映像」で見ることが出来ます。また二人乗りバイクのサイドカーの最速ラップは2007年に記録された 19分24秒24 となっています。

ソース:NEW SUBARU WRX STI BEATS ITS OWN ISLE OF MAN LAP RECORD – News – Subaru Uk

関連記事

ありえない方法で追い抜きをかけていくスバル・インプレッサの動画 - DNA

スバル・WRXはゾンビから逃げることが出来るオフィシャルな乗り物であることが判明 - DNA

「スバル・WRX」ベースのスタリッシュなキットカー「ファクトリー・ファイブ 818」がデビュー - DNA

バレンティーノ・ロッシがマン島TTレースで使用したバイク「ヤマハ・YZF-R1」がeBayに出品される - DNA

細い山道を時速250㎞超で駆け抜ける「マン島TTレース」のマッシュアップ映像 - DNA

田舎道を時速320km以上で疾走する過激なバイクレース「マン島TTレース」の2012年のHD動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧