科学と技術

デジタル狙撃スコープを使ってHTCのスマートフォン「HTC One M8」を1000メートル先からブチ抜く動画


髪の毛数本ほども狙いがずれると、大きく外れてしまうのが超・長距離射撃の世界。風向きだけではなく気温、湿度、高度による空気の密度、さらには地球の自転によるコリオリ力まであらゆる要素を計算する1123ヤード(約1000メートル)からの射撃もデジタル狙撃スコープ「TrackingPoint」なら簡単にこなしてしまいます。


そういうわけでまずはトーチャー(拷問)テストから。とは言えコンクリートに落としてガラスを割ってから水没させているので壊す気満点です。

そして登場するのたデジタル狙撃スコープ「TrackingPoint」を載せたライフル。

このようにまず的にタグ付けし、再び照準をタグに触れさせると自動的に発射されるという仕組み。身体は呼吸や心拍の揺れ続けるのでトリガーを引くタイミングが難しいのですが、これなら機械任せです。

1123ヤード(約1000メートル)先にこんな風においた的を……

狙撃。

ビルの屋上から悪漢の持つ銃やナイフを狙撃するような映画を時々見かけますが「TrackingPoint」なら例え射撃の練習を積んでいない人でも同じことが可能です。
1123 Yard Shot – HTC One M8 – YouTube

ちなみに12歳の普通の女の子でもTrackingPointを使えば1000ヤード射撃は楽勝です。恐ろしい時代になったものですね。

関連記事

ベトナム戦争時、狙撃兵にキレた米軍が猛烈な砲撃を叩きこんでいる写真が公開 - DNA

イギリス軍の狙撃手 1発の銃弾で6人を殺害 - DNA

50口径のライフルなら現在最強のゲーム機「プレイステーション4」をブチ抜けることが判明 - DNA

50口径のライフル弾はXbox360を3台並べれば止められることが判明 - DNA

50口径のライフル弾を止めるのに何枚のコピー用紙が必要か実験してみた動画 - DNA

[速報]iPhone5Sも50口径対物ライフルに対する脆弱性は克服できなかったことが判明 - DNA

iPhone4Sの意外な弱点、50口径のライフル弾には耐えられないことが判明 - DNA

スゴ腕、50口径の巨大なライフルで立ったまま約900m先のターゲットをブチ抜く動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧