世界のびっくりニュース

他人の家に30回以上SWATを送り込んでいたカナダのクソガキが逮捕


「誰かが銃を乱射している」「●●に爆弾をしかけた」などニセの通報を行って、誰かの家に武装した警察部隊を送り込む「SWATing(スワッティング)」というイタズラが北米では社会問題になっていますが、このたび30回以上スワッティングを行っていた16歳のクソガキが逮捕されたということです。


逮捕されたのはカナダ・オタワに住む16歳のカーティス・ガーベス。警察の発表によれば彼は北米地域において他人の家に30回もSWATを送り込んでいたほか、殺害予告や炎上などネットでできるありとあらゆる悪さを働いていたとのこと。

彼のTwitterアカウントには「誰でも好きなやつの家にSWATを送り込んでやるぜ」という書き込みがあり、実際に彼に依頼した人もいるようです。

「今Brianは贈り物を受け取った、SWATチームさ」

しかしこれだけハデに色々なことをやっていると次第に個人情報が集まってしまうもの。彼が荒らして回った掲示板のアクセス記録や書き込みなどをまとめ、彼の素性を明らかにしたテキストファイルが流布していたので逮捕は時間の問題と思われていましたが、今回見事にカナダ・アメリカの合同捜査によって逮捕されました。

顔が見えないから、ソフトウェアに脆弱性があるからといってもやってはいけないことはやってはいけないし、必ず罰を受けるということがよく分かる事件です。

ソース:News Releases – Ottawa Police Service / Service de police d’Ottawa > Ottawa youth charged with over 60 Criminal Code offenses related to swatting

Teen Arrested for 30+ Swattings, Bomb Threats — Krebs on Security

Canadian teen arrested for making more than 30 swatting calls | The Verge

関連記事

Wi-Fiルーターを開放していたらSWATチームにフラッシュバンを投入される事件が発生 - DNA

マナーの悪い人をアクセス禁止にしたら家にSWATチームを送り込まれる事件が発生 - DNA

「Call Of Duty」で負けた腹いせにSWATを送り込んできた事件が発生 - DNA

寮の1室をエアソフトガンのカスタム工房にしていたニューヨーク大学の生徒が逮捕 - DNA

[字幕動画]80年代に撮影されたFBIのHRT(人質救出チーム)を30分間みっちり紹介する内部向け動画 - DNA

笑ってしまうくらい火薬多すぎ・危険過ぎなロシア警察SWATの突入訓練 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧