世界のびっくりニュース

アルツハイマー病で話せなくなった父親の言葉を飼い犬が引き出した瞬間の動画


日本での認知症では最も多いアルツハイマー病は、現在のところ治療する手段がなく、いったん発症すると脳の機能は徐々に失われていきます。こちらの動画を撮影した人の父親はアルツハイマーで言語を失いましたが、ある日、飼い犬と一緒にいる時に、ふと言葉を取りもどしたそうです。


「おーどうした?何か持ってるな?何を持ってるんだい?」

「おおごめんなぁ、わしもコレしか持ってないよ。コレしかないのさ。面倒みてやろうな。お前の面倒はわしが見るから、わしの面倒はお前がみるんだぞ?」

「もしあなたの両親がまだ話せるなら聞いてあげてください。いつが最後になるかわからないのだから」

動画はこちらから。
My Dad With Our Dog – YouTube

関連記事

猫が優しい心を持っていることがよく分かる写真いろいろ - DNA

犬は実際に落ち込んでいる人をなぐさめる習性があることが判明 - DNA

長年連れ添った犬や猫たちと飼い主たちとの心温まる最後の写真集「Joy Session」 - DNA

犬小屋に戻りたくなくて「ノーオゥゥ……」とダダをこね続けるハスキー犬の動画 - DNA

「自分が犯した罪の重さに耐え切れない」という表情をするイタズラ好きの犬たち - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧