ネット・PC

世界第1次大戦の小火器のイラストをクラウドソーシングで全部描くプロジェクト「Small Arms of WWI : A Collaborative Project」


資料の収集や整理は人手が必要になりますが、それに関してインターネットは以前なら考えられないくらい有利になりました。「Small Arms of WWI : A Collaborative Project」では膨大な数に及ぶ世界第1次大戦の小火器を一定の様式でイラスト化しようという意欲的な試みです。


第1次世界大戦では大量生産されたものから手作りの一品モノ、密造されたものなど各国多種多様な火器が仕様されました。銃器史的には黎明期を脱したところでもありそのバラエティは膨大なものになります。

この「Small Arms of WWI : A Collaborative Project」プロジェクトは、ネット掲示板Redditの「AlltheGuns」カテゴリにおいて発祥したもので、WWIで使われたすべての銃器をイラストにしようというもの。イラスト化については一定の様式が設定され、これを満たすように描かれます。同じようなテイストのイラ
ストで当時の銃器を比較できるということです。

アクセスはこちらから。
Small Arms of WWI : A Collaborative Project

個々の画像をクリックすると説明文を読むことができます。
Britain Auto Lewis Gun by NinjaGinger666

ソース:Small Arms of WWI : A Collaborative Project

関連記事

発射時間だけじゃない、現代の銃と先込め式ライフル銃の違いが分かる動画 - DNA

色々と魔改造されてしまったソ連の名銃「PPSh-41サブマシンガン」の画像 - DNA

20世紀初めに大流行した「ピストル決闘学校」 - DNA

銃口が跳ね上がらない幻の射撃競技用ピストル「MC-3」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧