世界のびっくりニュース

サマータイム開始を忘れていた爆弾魔が自分の時限爆弾で「自爆」して逃走


イギリスでは3月最終日曜日の午前1時から「サマータイム」になります。あらゆる時計が1時間早くなるこの期間、自分の時計を進めるのを忘れていた爆弾魔が、自分の作った時限爆弾の爆発に巻き込まれるという事件が発生しました。


事件が発生したのはアイルランドのダブリン。2014年3月30日の夜11時ごろ、駐車されていたボルボ社のRVが突然発火しました。駆けつけた消防隊によって火はすぐに消し止められました。

爆発直後に近辺では「血まみれの男」が近くの交差点からタクシーに乗ったことが目撃されているとのこと。男と事件との関係は不明ですが、地元メディアでは「サマータイムになったのを忘れて1時間早く爆弾が破裂したのではないか」と考えられています。

ソース:Bomber blows himself up as he ‘forgot to set time forward one hour for spring’ | Latest News | Latest Breaking News | Daily Star. Simply The Best 7 Days A Week

関連記事

自爆テロ犯、トリガーの携帯電話がスパムメールで誤動作して爆死 - DNA

看板のスペルミスが気に入らなくてビルごと爆破しようとした男が逮捕 - DNA

「どっちのワイヤーを切るんだ……!」時限爆弾型目覚まし時計のキットが登場 - DNA

超ハイテンションのイタリア人による新しいメントス・コーラ爆弾の実験動画 - DNA

重傷を負った英軍兵士が女性衛生兵にお願いしたたった一つのこと - DNA

証拠品の仕掛け爆弾10万点を収蔵するアメリカ連邦捜査局FBIの「爆弾図書館」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧