世界のびっくりニュース

2011年ごろの「初代」Google Glassはこんなにも巨大だった


着用すればいつでもネットにつながっていることのできるGoogle Glassは今最も注目すべきガジェットのひとつ。トップ画像は2014年現在手に入れることのできるものですが、うわさが聞こえ始めたころのGoogle Glassはこんなデザインでした。

こちらが2011年当時の開発版Google Glass。一通りの機能はそろっていますが背中にまで機械が装着されたとても巨大なものです。

着用したところも比べて見ましょう……やっぱりぐっと小型化しています。
File:A Google Glass wearer.jpg – Wikipedia, the free encyclopedia

ハードディスクだって現在は手のひらサイズですが、大昔はそれこそ冷蔵庫サイズ。フォークリフトがないと移動させることもできないくらい大きなものでした。あきらめなければ技術は必ず進歩する、ということが見えるガジェットです。

ソース:What The First Google Glass Looked Like… – Business Insider

トップ画像:File:Google Glass Explorer Edition.jpeg – Wikipedia, the free encyclopedia

関連記事

特許文書からみたGoogleの眼鏡型デバイス 「Glass」の秘密 - DNA

「Google Glass」での写真や動画の撮影は注意が必要かも? - DNA

Google Glassを使って消防士用の支援アプリを制作した消防士さん - DNA

Google Glassのバッテリー容量を約3倍にする増設電池「PWRglass」 - DNA

[字幕動画]周囲のすべてを瞬時に3Dモデル化するGoogleの「Project Tango」デバイスがすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧