科学と技術

「他人の注目を集めてやまない人」になるため今すぐできる7つのこと


長い人生の間には、その場の注目をさらって目立つ人にならなければいけない瞬間というのがあります。そのためにはどうするか。「魅力的な人間になる」というのはハードルが高くそしてあいまいな目標なのですが、今すぐできる7つの習慣があるのです。

1. まず他人を退屈させないことを意識する

人間、自分が思っているほど面白い人間ではありません。そのためまずは他人を退屈させないことをこれ以上ないほどに意識しなければ、他人の注意をひくことなどできないのです。

簡潔でポジティブであること。テンポのよさをこころがけましょう。とはいえ、注意をひくには少しだけ長い時間、スピーチしなくてはいけないかもしれません。相手からの質問が無くなるあたりが話を切り上げるちょうどよい頃合です。

2. 最も注意をひくのは最もよい聞き手である

人々に強い印象を与える人は、ともすれば不安定であり時には嫉妬されることもあります。人は自分のことを話すのが大好きですから、その話を聞いてくれる人を常に求めています。思う存分話してもらいましょう。

逆に自分が話す量はごくわずかにとどめましょう。最も話さない人がしばしば最も好かれるものです。

3. 他人が興味を持っていることを聞き出す

「一般的に好まれる話題とは何か」と悩むのではなく、相手が好きなことを相手にしゃべってもらいましょう。仕事や趣味はなんでしょうか。それについて話せばいいのです。あなたにそれに関する知識があれば共感が得られます。なければさらに質問しよい聞き手であることもできます。

4. ユニークな話を3つ用意しておく

優秀なコメディアンですらステージに向けて相当な準備をしているものです。人前で話すのが素人の私達はそれ以上に準備と練習が必要です。楽しく、示唆に満ち、共感を得られるような話をいつも3つ用意しておきましょう。

ドラマ、ゴシップ、ワイドショーを見れば分かるとおり人間のストーリーというのは強く興味をひくものです。持っているガジェットの薀蓄を語って間を持たせるのもよいのですが、あなた自身の歴史はきっともっと面白いはずなのです。

5. 「カリスマ性」の演出

注意をひくのに必要なのは言葉だけではありません。言葉に演出を加えることでより強く伝わるものです。表情、声の調子や身振りなど、非言語的な情報はとても大切なのです。

6. 場所をよく選ぶ

デートにはデートの、会議には会議のためのそれにふさわしい場所というものがあります。自分がやろうとしていることの文脈に沿った場所を選びましょう。

意外なことですが、こうした物理的環境が心に与える影響について人はあまり意識していません。しかし誰とどこにいるか、というのはとても強い要素です。たとえばコンサートを考えて見ましょう。一人でDVDを見るのと、大量の人とライブで見るのでは同じ内容でもまったく印象が変わってきます。

7. 佳く生きること

すばらしい人になりたいなら、すばらしい人のようにふるまうことです。そして人間は自分の周りの人の影響を強くうけるものです。あなたの知っている最もすばらしい人のそばで、その人に影響を受けてみましょう。まずはマネから入ればいいのです。

ソース:7 ways to be the most interesting person in any room – The Week

カテゴリ: 単行本(ソフトカバー)
発売日: 2012-07-21

関連記事

動物園で飼われていたウォンバット、お客さんのナデナデが足らず「うつ病」と診断される - DNA

集団サンタクロース・コスプレ大会で目立つためのとっておきの方法 - DNA

「あなたの学校で一番かっこよかった/かわいかった人はいまどうしてる?」に見る人生悲喜こもごも - DNA

ハリウッドスターから女王陛下まで、超有名人たちの哀愁漂う若かりし頃の写真いろいろ - DNA

ライブが終わった直後のお疲れさまなロックスターたちの写真集「THE MOMENT AFTER THE SHOW」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧