科学と技術

物理ダメージを瞬時に解析できるスポーツ用ハイテクプロテクター「UWM’s Armour」


ルールがちがう格闘技どうしの優劣をはかるのはなかなか難しいもの。ルールを統一するとその武術の「らしさ」が失われてしまいますが、ルール無用にすると大怪我をする恐れもあります。このため多くの流派では「腕試し」の機会がなくその技が埋もれて消えていく危険があるのですが、こちらのセンサ内蔵型アーマーがそうした状況に変化を与えるかもしれません。

オーストラリアの会社 UWM(Unified Weapons Master)が開発・発売する「UWM’s Armour」はフレキシブルで軽量な素材の鎧に、カメラ、マイクロフォン、52個の圧力センサが組み込またもの。Wi-Fi、Bluetoothを使用してリアルタイムにデータを取得・解析出来るウェアラブルなハイテク・アーマーとなっています。

世界に300種類以上もあるという格闘技(その内の96種類は武器を使用)の練習や試合では、大きな怪我、時には死に至る様な事故が起こってしまうことも少なくはありません。そのため現在は安全性を考慮した多くの制限事項等があり、思いっきり練習や試合をすることが出来ないという背景があります。このアーマーなら正確にダメージを計測できるため、異なる武術・格闘術間での試合を比較的簡単に実現することができます。

1. 試合はこんな感じになる模様

2. これくらいの攻撃は全く問題なし

3. タイのムエイタイチャンピオン Sone Vannathy による蹴りの瞬間。Vannathy氏によると「何の問題もなくキックやパンチを打つことが出来た」とのこと。

4. ヘルメット。ダースベイダーかアイアンマンかというようなデザインです。

黒帯の空手選手による衝撃テスト映像
UWM Preview 5 – ‘The Smash Test’ – YouTube

センサ・システムとソフトウェアのリアルタム・テスト映像
UWM Tech Demo (update) – YouTube

武器を使用して戦うプロモーション映像「UWM Unveiled」
UWM Unveiled – YouTube

現在はまだプロトタイプの段階ですが完成後には、UWMが主催する武器ありのフルコンタクト格闘技大会の開催や一般販売も行うとのこと。自分のHPを表示するチャンバラごっこ用ライトセーバー「Sabertron」も相手に触れたかどうかでダメージを算定していましたが、こちらのアーマーならよりリアルな戦闘ごっこも可能ですね。格闘技だけでなくいろいろな遊び方もできそうです。

ソース:Smart armour will determine most badass martial artist (Wired UK)

関連記事

ビジュアルが凄すぎる、1800年代にシベリアで使用されていた対熊用ハンティング・アーマー - DNA

中世から近世にかけてドイツで実際に使用されていた美しい「甲冑の兜」コレクション - DNA

中世武術大会で勝利したプレートアーマーの女性剣士がやたらかっこいいと話題に - DNA

うっかり総合格闘技のチャンピオンを襲ってボコボコにされた強盗が逮捕 - DNA

ほぼ格闘技、殴る蹴るなんでもありのフルコンタクトな球技「カルチョ・フィオレンティーノ」 - DNA

頭の動きだけでストリートファイトに勝つ方法をプロの格闘家が教えてくれる実践動画 - DNA

[字幕動画]ここがポイント!プロの格闘家が教えてくれる「人間の首の折り方」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧