世界のびっくりニュース

「鼻タイピング」の世界最速記録をインド人男性が更新


なぜ鼻でキーボードを打たなければならないのか……という疑問はさておくとして「鼻タイピング」の世界最速ギネス記録がインド人男性の鼻によって30秒近く更新されました。


これまでのギネス記録はアラブ首長国連邦で2008年11月16日で達成された1分33秒。モハメッド・カーシッド・フセインはこれを約30秒以上上回る47秒44で103語のセンテンスをタイプしきりました。

動画はこちらから。
Khurshid Hussain Types it off with Nose – YouTube

睡眠不足が限界にきたプログラマのごとき動きで鼻をキーボードに打ちつけている姿を見ると人間の可能性の限界を追求するのは大変だということがよく分かります。

ソース:Hussain proves yet again he has a nose for the keyboard – The Hindu

関連記事

片手だろうが両手だろうが超速でキーボードをたたきまくる男の動画 - DNA

これは超熱狂、インド式に全身全霊で映画を楽しむ方法が理解できる動画 - DNA

エラー率わずか0.00000625%、驚異のインド式昼食配達システム「ダッバーワーラー」 - DNA

インドとパキスタン国境の衛兵たちによる超攻撃的な「国境ゲート閉鎖式」の様子 - DNA

ある特別な工夫が特徴的なインドでの行列の作り方 - DNA

「セサミストリート」キャラを謎のドット絵技術で「ストリートファイター」風にしてしまったタイピングゲーム「Sesame Street Fighter」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧