エンタメ

純粋なる恐怖と破壊、ハリウッド版「ゴジラ」第2弾予告編


「1954年の核実験は実験なんかじゃなかった。『あれ』を殺すためだったの……」現在ハリウッドでリメイクが進んでいる日本生まれの怪獣映画「ゴジラ」のティーザー予告編第2弾は、すべてを破壊しつくさんとするゴジラの恐怖をありありと伝えています。


動画はこちらから。
Godzilla – Official Main Trailer [HD] – YouTube

リメイク版「ゴジラ」は2013年の一大傑作巨大ロボットアクション「パシフィック・リム」を手がけたレジェンダリー・ピクチャーズが担当。「ダークナイト」「インセプション」でも知られており仕掛けのデカい映画には定評があります。

日本人キャストは渡辺謙のほか初代ゴジラから歴代シリーズに出演している宝田明がカメオ出演。ルーツである1954年版の雰囲気を大事にしつつ、人類に純粋な災いしかもたらさない巨大怪獣の暴力を描きます。

1998年のハリウッド版ゴジラは「うーん……」というデキだっただけに各国映画ファンもかなり期待している様子。こちらは2014年版ゴジラの鳴き声だけのトレーラーなのですが「オリジナルにかなり近い」と期待を見せるコメントがならんでいます。
Godzilla – ROAR [HD] – YouTube

関連記事

新・ハリウッド版「ゴジラ」の予告編動画がものすごく期待できそう - DNA

昭和感満点でものすごく見たくなるファンメイドトレーラー「パシフィック・リム 東宝ゴジラ的予告編」 - DNA

[字幕動画]「パシフィック・リム」のイェーガー達がどうデザインされたのかILMのスタッフが語る - DNA

3Dアニメの雄、ピクサーのストーリーライターが語る「おはなし作りにおける22のルール」 - DNA

懐かしさとレトロ感がたまらない、1970〜80年代に活躍したマナーを訴えている東京の地下鉄ポスター27枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧