アートとデザイン

[字幕動画]コンゴ共和国の超オシャレ紳士「サペー」たちのショートドキュメンタリー「The Men Inside The Suits」


暑さのなかで50~60年代のフレンチ・ファッションを常にビシっと着こなし、いつどんな時もエレガントであり続ける「サップ」の美学を体現する「サペー(Sapeurs:サプールとも)」について以前ご紹介しました。ショートドキュメンタリー「The Men Inside The Suits(スーツの中の男たち)」には、そんな彼らの実にビビッドな姿と思想がおさめられています。


「サペー」はコンゴ共和国の首都、ブラザビルを中心に存在する人達。「Société des Ambianceurs et des Personnes Elégantes(ムードメーカー・エレガントな人々の集まり)」の頭文字をとった呼び方です。

「おしゃれの内容」よりも「おしゃれな自分でいること」を非常に重要視しているようで、このドキュメンタリーでもその美学、精神性に注目しているようです。

下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。

 
衣服を自分で選ぶということは、自分自身の見え方を自分で決めるということ。オシャレを通じて自分の運命を決めるのが「サペー」達の美学なのです。

関連記事

50~60年代のフレンチ・ファッションに身を包む、コンゴ共和国の半端無くダンディーな紳士「サペー」たち - DNA

あらゆる文化が融合してカオスと化したアフリカ・コンゴのプロレスラー達の画像 - DNA

見た目も武器、ものすごいビジュアルで戦うアフリカの怒れる武装集団の写真いろいろ - DNA

豪華絢爛な民族衣装や化粧を身にまとったアフリカの王様や酋長の写真 - DNA

美しい民族衣装をまとったマサイ族のクリケット選手たちの画像 - DNA

むちゃくちゃ味のあるアメリカ・インディアンのアパッチ族の人々のポートレート26枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧