アートとデザイン

レゴのミニフィグの「あのロゴ」をレザージャケットの背中にペイントする方法


レゴのミニフィグに使用されているロゴはシンプルですがとても強く印象に残るものばかり。その昔、レゴでよく遊んだ人ならきっと欲しくなるロゴ入りジャケットをDIYでペイントした人が現れました。

1. 作るのは、往年のレゴのミニフィグのこのマーク。
20090821-222256.jpg | Flickr – Photo Sharing!

2. アクリルのレザーペインティングを使います

3. まず色数に応じてステンシルを用意します。

4. 革を下処理して……

5. 塗っていきます。

6. どんどん色を重ねていく。

7.

8.

9. 足りない部分は適宜足していきます。

10. 模様まで入れて完成。

11. レゴ好きのフライトジャケットにはこの模様しかありませんね。

12. アクリルペインティングはこのようにくしゃっとしてもはがれたりしないそうです。

ステンシルはレーザーカッターで抜けますからIllustratorなどのソフトである程度複雑な絵を描いても転写できそうですね。色々な作品がこれからも見られそうです。

ソース:The Classic Lego Space Flight Jacket | Evil Mad Scientist Laboratories

関連記事

世界初のレゴ公式映画「The Lego Movie」予告編のビジュアルがすごすぎる - DNA

ファンメイドのレゴ製強化外骨格フィギュア「Exo Suit」がCUUSOOで正式製品化へ - DNA

レゴで作ったほんとに写せる8mm映写機 - DNA

「ブルースブラザーズ」の一大カーチェイスシーンを努力と根性のレゴ・アニメで再現 - DNA

ライブが終わった直後のお疲れさまなロックスターたちの写真集「THE MOMENT AFTER THE SHOW」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧