科学と技術

自動小銃の一部を切り欠いた「カットアウェイモデル」を実際に動かしているスローモーション動画


機械の中身が見えるよう一部を切り欠いた「カットアウェイモデル」は、あくまでも観賞用のものですが、これに実際の銃弾をつめて射撃しているちょっと珍しいスローモーション動画です。3Dモデルにはない金属部品の振動やたわみが目に見える所が興味深いです。


こちらの銃はAR-15を元にしたクローンのうち、作動方式をロングストロークピストン方式に改造したPrimary Weapons社のものです。高圧の燃焼ガスのかかる銃身や先端部分は切り取っていないので、普通に撃てています。

がっちりと金属で作られたはずの銃身や機関部がわずかに振動したり、ねじれたりしています。3Dではぴたっと止まるはずのものが少しバウンドしたりと、やっぱり機械の設計は一度試作しないとダメだということが分かりますね。
▶ The PWS Long-Stroke Piston System in Slow Motion – YouTube

別角度のものはこちらから。
▶ PWS MK107 – YouTube

関連記事

札束を満載した自動車を爆破するスローモーション動画が映画過ぎる - DNA

サバイバルゲームをスローで撮影した大迫力のムービー「Spitfire」 - DNA

砂・水・50口径でiPhone 5Sをトーチャーテストするスローモーション動画 - DNA

プロのペイントボール・ゲーム決勝戦の決定的瞬間をスローモーションでとらえた動画 - DNA

反動制御システム入り新型短機関銃「KRISS Vector」の不思議な動きをとらえたスローモーション動画 - DNA

日本刀で野菜を真っ二つにする瞬間をスローモーションで捉えた動画いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧