世界のびっくりニュース

これは「銀塩フィルム」と「デジタル」のどちらで撮られたでしょうか……色々なシチュエーションで比較するクイズ動画


網膜ではドットを捉えることができない「レティナ(Retina)」ディスプレイがiPhone4とともに登場したのが2010年。では、映像を記録するセンサーが銀塩フィルムを超えるのはいつなのでしょうか。色々なシチュエーションで動画を撮影したものを比較している動画です。トップの画像はどちらがデジタルでしょう?


どうがはデジタルがCanon 5d MarkII、銀塩はCanon 7eで同じレンズ・設定で撮影されました。ISO感度はいずれも400となっています。
FILM vs. DIGITAL | SHANKS FX | PBS Digital Studios – YouTube

1回スキャナにかける分銀塩が不利かな……と思ってしまいますが、はっきり言って好みのように思います。写真で印画紙を選ぶときのように「デジタルっぽい」「銀塩っぽい」という表現を、コンテンツによって使い分けていく時代なのかもしれません。なおトップ画像は#1がデジタル、#2が銀塩です。

関連記事

様々な麻薬をネガフィルムに垂らしてビジュアル化したアート写真シリーズ「All you can feel」 - DNA

フィルムカメラをデジタルカメラに変身させられるフィルム型CMOSセンサ「DigiPod」 - DNA

さらば銀塩時代、次々と閉鎖されるフィルム製造工場を追いかけたドキュメンタリー写真集 - DNA

往年の映画のフィルムロールを撮影した写真プロジェクト「THE UNSEEN SEEN」 - DNA

8mmフィルムで撮影された「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」約7分半のドキュメンタリー動画 - DNA

アカデミー賞を狙うディズニーのショートアニメーションフィルム「Paperman」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧