ネット・PC

レースゲームが上手い人は実際に車に乗せても上手くプレーできるのか実験してみた


リアルな見た目、リアルな手触りのレースゲームは本当にたくさんありますが、アレが上手な人たちは実際の車に乗せるとどうなのでしょうか。現実とゲームで同じ車・同じコースを使い、実際に走る車の中でゲームをさせて競争させる実験では、なかなか面白い結果が出ることになりました。


試用したのはロジクールのドライビングコントローラーG27と、その他普通のゲーム用PC。車はルノー・メガーヌRS265、サーキットはスペイン・バルセロナのカタロニア・サーキットを選択しいざ勝負。

車の揺れとゲームの画面が一致しなくなるので、あまり先行したり遅れたりすることができません。最初のコーナーにはゲーマーのほうが先に到達するのですが……いったいどちらが勝つのでしょうか。
Gaming vs. Reality on a Race Track: The Shotgun Driver – YouTube

なお、このコンセプトをさらに推し進めたものが「ゲームの画面を見ながら運転するアウトラン」となります。ここまでやるともう何がなんだか分かりませんね。

関連記事

究極の体感ゲーム、実際に運転・走行できる「アウトラン」が登場 - DNA

名作「エキサイトバイク」をガチな実写で作るとこうなる - DNA

プリンターの新たな可能性を追求するレースゲーム「Receipt Racer」 - DNA

これは贅沢、9台のスポーツカーでドラッグレースする「The World’s Greatest Drag Race」 - DNA

ジェットエンジン搭載スクーターVSランボルギーニのドラッグレースムービー - DNA

夢の対決、日産・Juke-Rとブガッティ・ヴェイロンのドラッグレース動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧