世界のびっくりニュース

ものすごく必要だけどちょっと変わった世界の職業いろいろ


言われてみてはじめて「なるほど、これは重要だ」と気付かされる職業やどうやたら就けるのか全く造像も出来ない職業など、世の中をより良くするためには必要なちょっと変わった職業です。将来の職業や転職を考えている人たちには、もしかすると選択肢が広がるかも。

1. ドッグフードの味鑑定人

2. ポテトチップスの検査官
割れて細かくなったものはきちんと弾かれているのです。すごい機械で自動検査したりもします。

3. 譜めくり
パートタイマーさんがほとんどでしょうか。タイミングをとるのが難しい。

4. におい鑑定人

5. 牛の精子の採集者

6. ゴム製チキンの製作者
食品サンプルは職人芸ですね。

7. ナイフ投げのアシスタント
誰かがやらなければならない。

8. 馬の歯医者

9. 馬のカイロプラクティック療法士

10. ゴルフボール・ダイバー

11. 魚の数を計測

12. 恐竜掃除人

13. 硬貨の研磨人

14. 人工授精師

15. ラシュモア山「四人の大統領の彫像」のひび割れ修理人

16. コンドーム検査官

17. 花粉収集人

18. 亀のレスキュー員

19. 口臭評価人

20. 男性用下着デザイナー

21. つけヒゲ・かつら職人

22. 棺桶職人
ちなみにアフリカ・ガーナでは独自の棺桶文化があります。
参照:西アフリカ・ガーナで独自の進化を遂げたアート棺桶の画像

23. ビンゴの数を言う人

24. 蝋人形職人

25. 事件現場の写真家
その昔は、カメラマンは本当に限られた人だけの職業だったのです。

楽しそうな職業や非常につらそうな仕事が存在しているようですが、以前に「楽な仕事なんてないんだな……悟ることができる写真」でも紹介したようにどんな職業を選んだとしても苦労はありそうです。

これらの写真はアメリカの写真家 Nancy Rica Schiff 氏の作品です。

ソース:Wonderfully bizarre jobs and the people who perform them [25 pictures] | 22 Words

関連記事

いろいろな職業や年齢の外国人に「いつも持ち歩いているもの」を見せてもらった写真24枚 - DNA

散らかっているのになぜか落ち着く、色々な職業のワークスペースの写真集「Workspace」 - DNA

世界で活躍するセレブやスーパースターたちが成功する前の意外な職業25選 - DNA

4340人の死亡事故からみた、「アメリカで最も危険な職業トップ10」とは - DNA

インドの消えゆく職業の人々を捉えたモノクロ写真集「Marginal Trades」 - DNA

ゲーム内の分身「アバター」と「実際の自分」を比較した写真17枚 - DNA

発展途上国から先進国まで、世界各国の公務員の給料と執務室の写真 - DNA

いろんな仕事の「他人からのイメージ」と「実際自分がやっていること」の違いについてまとめ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧