アートとデザイン

巨大すぎる社会の中で盲目的に働く人間を表現するホラーなクレイアニメーション「Operator」


私たちの仕事はあまりにも巨大すぎて、自分はいったい何のどの部分をやっているのか分からなくなってしまうことがあります。こちらの「Operator」も、一見無意味な仕事をやり続ける男の様子をクレイアニメーションにしたショートムービー。真の恐怖とは何か、ヒントを出しているのが怖いですね。


動画はこちらから。
Operator – YouTube

ピンの抜き差しをしている男に忍び寄る謎の影は、この世のものならざるものなのか、あるいはこの男の妄想なのか……そしてラストシーンが意味するのは、この結果を予測していた誰かがいるということ。人間とは小さな存在です。

関連記事

[字幕動画]登場人物がやたら的確な判断をするホラー映画「Hell No」 - DNA

ホテルの廊下で少女が仕掛けたホラー過ぎるイタズラ - DNA

[字幕動画]広すぎるIKEAで生命は存続できない……サバイバルホラー・ニセ映画「IKEA」の予告編動画 - DNA

ホラー的奇習、夜10時になると住民全員が叫ぶ街がスウェーデンにある - DNA

[字幕動画]あのアンドロイドっぽいお手伝いロボットが少しずつ狂気に蝕まれるホラーSFショートフィルム「Blinky」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧