世界のびっくりニュース

ニュージーランドでフルオート射撃ができるエアソフトガンの所持が可能に


銃を規制する法律は日本のようにものすごく厳しいところから、アメリカの一部の州のようにほぼフリーパスなものまで様々。ニュージーランドではフルオート射撃ができる鉄砲の玩具が禁止されていたのですが、この規制が緩和されることになりました。


ニュージーランドでは「軍用スタイルの半自動火器とその輸入に関する法案」がありました。これは軍用の自動小銃に似た見た目の銃を規定、一定の規制をかけるもので、従来は実弾・エアガンを問わず一様に「フルオート射撃(連射)禁止」とされてきました。

今回有効になった改訂ではエアソフトガンについて「Restricted Airgun(規制付きエアガン)」カテゴリが新設され、所持が可能になります。また、警察に届け出ることで「特別な理由があれば」輸入することもできるようになります。

エアーソフトガンは日本で誕生し、そのコピー品がここ数年、中国・台湾を中心に活発に製造販売され、今では世界中に愛好家がいます。これらのニュージーランド向け販売は規制対応モデルを別に作るなどして対応していたようですが、これらも順次撤廃されるものと思われます。

ニュージーランドではさっそくフルオートの銃をサバイバルゲームフィールドに持ち出して遊んでいる動画がアップロードされているようです。
▶ Full Auto on Airsoft Guns Now Legal in New Zealand! – YouTube

ソース:Sights on imported airguns and military style firearms in new gun laws | New Zealand Police

Arms (Military Style Semi-automatic Firearms and Import Controls) Amendment Act 2012 No 117, Public Act – New Zealand Legislation

関連記事

[字幕動画]トラヴィス・ハーレイが語る「エアガンで効果的な訓練を行なう方法」 - DNA

エアガンでも超リアルな銃声を周囲に響き渡らせることができるデバイスが開発中 - DNA

エアガンの発射音を自分にだけ超リアルに聞こえるようにするiOSアプリ「ShotSynth」 - DNA

気合入れすぎ、アメリカのエアガン屋さんの超力作なコマーシャル - DNA

長さ約50分、海外のエアガン愛好家が自主撮影した訓練ビデオがすごい - DNA

ゴム鉄砲なのにブローバックした上に排莢までする手作りデザートイーグルの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧