ネット・PC

[字幕動画]サバイバルゲームと本物の戦争の違い比べるコント動画「Airsoft vs Reality」


エアガンで撃ちあうサバイバルゲームと、実弾を使う戦争。見た目はとてもよく似ていますが、実際に何が起こるのかはこんなにも違うのだよ、ということをサバイバルゲームでよく見かける場面で比較したコント動画がスロバキアからやってきました。


下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。

 
軍服や銃のイメージからサバイバルゲームはものすごく怖いイメージをもたれることが多い遊びです。もちろん賞金のかかったペイントボール・リーグだと大迫力の試合展開が見られたりしますが、実際のところは草野球に近い緩い雰囲気のものがほとんど。こうして実戦と比べてみるとその長閑さは際立ちますね。

関連記事

プロのペイントボール・ゲーム決勝戦の決定的瞬間をスローモーションでとらえた動画 - DNA

サバイバルゲームをスローで撮影した大迫力のムービー「Spitfire」 - DNA

ペイントボールゲームで殺人マッシーンになれる背負い式弾倉「Strikeloader」 - DNA

長さ約50分、海外のエアガン愛好家が自主撮影した訓練ビデオがすごい - DNA

ペイントボール砲で装甲車同士の車両戦闘ごっこが楽しめる「Armourgeddon」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧