科学と技術

ホンダ、エアバッグを応用したスマートフォン防御ケースを開発、というフェイクなCM動画


スマートフォンの欠点はとにかく壊れやすいこと。複雑な電子回路やタッチパネル面のガラスなどはどうしても衝撃に弱く、ダメになってしまいがちです。それならエアバッグでふんわりと落としたら……と考えたのがホンダ。スマホ向けエアバッグ開発の苦労をまとめた、というフェイク製品のフェイク動画です。


まったく関係のないところから「ワゴンN」の名前を出してくるといういわゆるバイラルマーケティングですが、さすがのホンダだけあってきちんと作られています。でもスマホエアバッグポケットに入らなさそうですね……
Smartphone Case N – YouTube

なお、スマホ向けはともかくとして最近はバイクライダー用のエアバッグなんていうのも実用化され、販売されていますノートPCやタブレット用にはボーリング玉を落としても大丈夫なカバーもあったり。時代はいろいろ進んでいるようですね。

関連記事

「彼女が後ろから抱きついてくる感覚」をたっぷり味わえる「リア充コート」の動画 - DNA

「ガチ軍用」なスマホケースメーカーがiPhone5/5Sケースに出資募集中 - DNA

あなたのiPhoneをバブリーな80年代仕様にしてしまうケース「80s Retro iPhone Case」 - DNA

「50口径に耐えるiPhone4」やっと実現、厚さ1インチの装甲ケースが発売 - DNA

この冬必携、着用したままタッチスクリーンが使える手袋をDIYする方法 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧