世界のびっくりニュース

Amazon、小型無人ヘリで30分以内に配達する「Amazon Prime Air」サービスを発表


Amazon通販の便利さをさらに推し進めるべく、倉庫から直接無人ヘリを飛ばし30分以内に荷物を配達するという「Amazon Prime Air」サービスが発表されました。


ドローン(無人航空機)を使用した配達システム「Amazon Prime Air」は、30分以内に品物を届けることを目標としています。さらなる技術開発や航空関係を管轄するFAA(アメリカ連邦航空局)の認可を得るまでにもう数年はかかるだろうとしていますが「本気だ」と断言しているので、近い将来には小型の飛行ロボットが荷物と伝票を持ってくることになります。

以下、公開されているFAQ:

Q. これはSFですか、それとも現実ですか?
A. SFに見えますが現実です。技術的見地から言えば、認可が下り次第商業運用をスタートさせることが可能です。FAAは現在、無人機に関するルールの策定に活発に動いています。

Q. 将来、空にPrime Airの大艦隊が見られるのでしょうか
A. その通り。将来Prime Airは宅配のトラックと同じくらいありふれたものになるでしょう。

Q. Prime Airで配達を受けられるのはいつごろになりますか。
A. FAAの認可が下りるのは2015年ごろになると思われます。その頃には準備もできているでしょう。

Q. どのように安全を確保しますか?
A. FAAは無人機のルール策定を急いでおり、それは公共の安全を最優先するものになるでしょう。安全は私たちにとっても最重要課題であり、無人機は冗長性が高く、航空安全基準に沿ったものになる予定です。

動画はこちらから。
Amazon Prime Air – YouTube

日本の物流事情からは考えもつかないところですが、諸外国では宅配の荷物が紛失するのはそう珍しいことではありません。そうした際の補償コストや、人間を監視するためのコストを考えると、無人機システムの構築と運用のほうが将来的にはぐっと安くつくという判断なのだと思われます。とにかく数をさばけるAmazonならではの力技的アプローチですね。

ゾンビ大発生が起こった際など、スマートフォンから注文すればAmazonからアサルトライフルと弾薬が届くという未来がすぐそこにきているようです。

ソース:Amazon Prime Air

関連記事

「Amazonでテレビを買ったら恐ろしいものが届いてショックだったんだ……」というニュースが話題に。 - DNA

既に80万冊を「執筆」、書籍を自動で生成しAmazonで販売するプログラムが稼働中 - DNA

自分の本にISBNをつけてAmazonで印刷・販売できるWebサービス「MyISBN」ベータ版開始 - DNA

まさにAmazonの「戦略兵器」、維持費無料の3G回線でやりたい放題できる「Kindle 3G+Wi-Fi」ハードウェアレビュー - DNA

通販サイトAmazonのちょっと怖い「よく一緒に購入されている商品」 - DNA

Amazonで売っている「馬のマスク」の写真が大変なことになっている - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧