世界のびっくりニュース

テスト走行中の英トライアンフ社「新型250ccバイク」の画像が流出


経済が成長している地域では、必ずと言っていいほど小排気量の二輪車ブームがやって来ます。高級バイクで知られる英トライアンフ社もアジア・南米と言った市場を狙うため250ccの新車を開発中と報じられてきましたが、先日この「250ccトライアンフ」と見られる車両が目撃、撮影されました。


2014年型のデイトナ675(白青)に続いて走ってくるのが2015年デビュー予定の新型250cc。

車格は「小さくはない」という感じですが、やはり一回りミニサイズ。

左右方向にはややスリム。出力25HPの水冷単気筒エンジンを搭載していると言われています。

現在分かっていることとしては、2015年にカウル版・ネイキッド版の2種類の250ccバイクがリリースされること。生産はトライアンフのインド工場で行われ、アジア・南米市場を中心にマーケティングが行われるということです。

ソース:Triumph-Erlkönig verkleidete 250er – Motorradnachrichten – MOTORRAD

関連記事

英国伝統のトライアンフ、「スピードトリプル」で250ccスポーツに参入の噂 - DNA

お値段25万円の250cc単気筒カフェレーサー「Cleveland CycleWerks Misfit」 - DNA

ロイヤルエンフィールド、カフェレーサー風の新車「Continental GT(コンチネンタルGT)」を発表 - DNA

「メガリ250R」は実際どんなバイクだったのか、大阪モーターサイクルショーで試乗してみた - DNA

まさかのホンダ・CRレーサー風デザイン、125ccの公道向け量産バイク「Skyteam Ace」 - DNA

世界初の電動スポーツバイク「Brammo Empulse」販売価格決定、国産リッターバイク並 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧