アートとデザイン

突然オークに襲われた時のためのシューティングターゲットが出資募集中


鉄砲を買わせるには色々な理由付けが必要です。最近ではゾンビ関連製品が有名ですが、次は豚のような顔をしたファンタジー世界の悪役・オークの出番が来るかもしれません。


出資を募っているのは「Orcish Operator」と名乗る2人組。「Fantasy Targets」はファンタジーRPGに登場する色々なキャラクターを使ったシューティングターゲットです。ポスターとしても十分使えます。

ターゲットごとに「ヒットポイント」や頭・胴体・手足への命中スコアが設定されていて、ゲーム感覚で遊ぶこともできるということです。

サイズは大小2種類。キャラクターは5種。まずオークの戦士

悪の呪術師

ワイト

最近は「火薬を使える」という設定で登場することの多いドワーフ

そして黒騎士。

「オークの眉間に弾丸をブチ込みたいと思ったことはないか?」で始まるPR動画はこちら。
Orcish Operator – Flagship Video – Fantasy Targets For Firearms and Archery – YouTube

出資額目標6500ドル(65万円)、5ドルから出資を受け付けており小ターゲットが15ドル、20ドルから大ターゲットを予約できるようになっています。

Orcish Operator: Fantasy Targets for Arms and Archery | Indiegogo

関連記事

中世武術大会で勝利したプレートアーマーの女性剣士がやたらかっこいいと話題に - DNA

究極の「ごっこ遊び」、コスプレ+アクション+テーブルトークRPGな「LARPing」がヨーロッパで流行中 - DNA

中世の鎧を着て全力でドツキ合うポーランドの剣術大会が楽しそう過ぎる - DNA

TRPGのダンジョンマップを自動生成してくれるWebサービス「Dave’s Mapper」 - DNA

元祖TRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」関連の出版物が電子書籍となって復刻 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧