ネット・PC

オープンソースのレーザー射撃訓練装置用フレームワーク「Shoot: OpenFire Framework」


競技射撃の世界では、キセノン光を使った「ビームライフル」競技や、レーザー光を用いた「デジタル射撃」競技の導入が進んでいます。弾丸や火薬を使わないため、どこでも練習できるのがポイント。それらを支援するトレーニング装置の開発も色々と進んでいるようです。


どこにレーザーが当たったのか判定するには、センサーを並べるなどハードウェアを準備する必要があるのですが、「Shoot: OpenFire Framework」はwebカメラなどを用いた画像認識フレームワーク「OpenCV」で画面上の光点を拾うソフト式で対応。

画像上のターゲットに対し、様々な領域を設定することでヒットした場所に応じて反応を変えることができます。

エアガンは実銃と比べればはるかに安全なものですが、それでも実体弾を使う以上それなりの防護が必要です。レーザーによる射撃トレーニングシステムなら、人の目に当たる危険性さえなければごく普通の部屋でも練習が可能です。

先日紹介した「LT-PRO」のような銃口差し込み型のトレーニングデバイスなどがもっと流行ると面白そうですね。動画はこちらから。ソースコードはPythonで書かれ、GitHubにて用意されています
Introducing Shoot: OpenFire Framework – YouTube

関連記事

お家で手軽にみっちり射撃の練習ができるレーザーターゲットシステム「LT-PRO」 - DNA

レーザー光を照射するカートリッジで的を撃てる「LaserLyte Laser Training System」 - DNA

レーザーで狙いをつけられるバリカン「Philips Beard Trimmer 9000」 - DNA

レーザーガイド付きでタクティカル過ぎるピザカッターが発売 - DNA

レーザーサイトつきハンドアックスを華麗に叩き込むタクティカル・パルクール動画 - DNA

超精密カットができるかもしれない「レーザー誘導式ハサミ」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧