科学と技術

ものすごい速さでトリガーを引いて連射できるトリガーグループ「TacCon 3MR Trigger System」


引き金は引き切って発射したあと、一度もとのポジションに戻さないと次の弾を撃つことができません。この動きは数ミリのこととはいえそれなりに時間がかかってしまうので、セミオートで素早く撃ちこみたいときには邪魔になってしまいます。「TacCon 3MR Trigger System」は、このリセットを半強制的に行うトリガーで、より素早い連射が可能です。


こちらが「TacCon 3MR Trigger System」。以前、M16小銃の動作メカニズムについて詳しく解説する動画を字幕付きでご紹介しましたが、ディスコネクタ周りに工夫があるようです。

TacCon 3MRはごく普通の精密トリガーグループですが、特徴的なのは「3rd Mode(第三のモード)」と呼ばれているモード。セレクターをフルに入れて射撃すると「Positive Reset Characteristic(リセット支援)」が働くとのこと。おそらくボルトの動きを何らかの形でトリガーに伝え、強制的にトリガーを前進させていると思われます。

強制的に動く以外は正常動作とまったく変わらず、トリガーを引かないと連射できないので合法的に発射速度を高めることができます。フルオートだと弾がどこに飛んでいくか分からないため、セミオートで連射するニーズはそれなりに高く、市井の競技射撃者には面白いパーツなのではないでしょうか。
TacCon 3MR Trigger System – YouTube

ソース:Tactical Fire Control, Inc.Tactical Fire Control, Inc.

関連記事

フォアグリップやバイポッドをスプリングマウントにして反動を制御するアダプタ「The Recoil Rail」 - DNA

銃を肩ではなくアゴで支える「脱法銃床」 - DNA

特殊静音狙撃銃「VSS Vintorez」の実銃をフルスクラッチで作るプロジェクトがスタート - DNA

「銃をドッキングさせれば火力も2倍」という理想を具現化した45口径のピストル「AF2011-A1」の動画 - DNA

広大な射撃場を駆け抜けつつ自動照準ライフル「TrackingPoint」を撃ちまくっているプロモ動画 - DNA

お家で手軽にみっちり射撃の練習ができるレーザーターゲットシステム「LT-PRO」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧