世界のびっくりニュース

聖書に「フィクション」のラベルを貼って販売していたスーパーがネットで炎上


世界で最もたくさん印刷された書籍「聖書」はキリスト教の教えをひろめる本。世界の成り立ちやイエスの生涯などの歴史に関する記述を多く含みますが、これに「フィクション」のラベルを貼り付けて販売していたスーパーがネットで炎上、謝罪するという騒動があったようです。


発端はこの「コストコが『フィクション』ジャンルで聖書を販売している件」というツイート。

宗派によって記述の内容やそれに対する考え方は微妙に違うのですが、地元の一部のキリスト教信者の中には「ショックを受けた」と言う人も多かったよう。

アメリカの大手スーパーチェーン、コストコはこれに対し「ごく一部の聖書に間違ったラベルをつけて販売してしまった。現在は対策している」とコメントしているそうです。

ソース:Costco Apologizes After Local Pastor Finds Bibles Labeled as ‘Fiction’ | KTLA 5

関連記事

イエスが出て殺す!キリストがゾンビ軍団を殲滅するアクション映画「Fist of Jesus」 - DNA

汝の罪を悔い改めよ、カソリック教会がiPhone用「懺悔アプリ」をリリース - DNA

どこでも空から現れるロシア軍の「空挺従軍司祭」たち - DNA

飛行機の中でビニール袋に入るユダヤ教の祭司の写真が話題に - DNA

Googleにイスラム教、キリスト教、ユダヤ教、仏教の信者の評判を聞いてみた - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧