科学と技術

対艦ミサイルが軍艦に当たるとこういう光景が繰り広げられる


実際に砲弾やミサイルが当たるとどうなるのか、ということについては結構歪んで伝わっていることが多いように思います。こちらはノルウェーで行われた対艦ミサイルの実験動画ですが、1発ですさまじいダメージを与えているのが分かります。


これはノルウェーの新型対艦ミサイルで、約125キログラムの爆薬を160km以上先から撃ちこむことができるもの。

もはや大砲で至近距離から撃ちあうような時代ではなく装甲が分厚くないとはいえ前の方がごっそり無くなっているのが怖い。

当たった瞬間の爆炎もここまで上がります。

動画はこちらから。
Norwegian military’s ship killing missile blows up a frigate – YouTube

関連記事

鉄のカンオケ、攻撃を受けた戦車が吹き飛ぶ瞬間を捕らえた恐怖の動画 - DNA

マッハ5の弾丸で厚さ3cmの鉄板を打ち抜き、その後7kmも飛ばしてしまうスーパー・レールガンの動画 - DNA

長崎の「軍艦島」を空からラジコンで空撮したSonyのプロモーション動画 - DNA

すさまじい嵐の中で軍艦に着陸してしまう凄腕ヘリコプターのムービー - DNA

遠くから見ると完全に軍艦、島まるごと廃墟となっている長崎の炭鉱島「軍艦島(端島)」 - DNA

軍艦島(端島)を実際に歩きまわって撮影したGoogleストリートビュー公開 - DNA

すごくジャジーでスムースな感じで軍艦ゲームのトレーラーを作るとこうなる、という「Leviathan: Warships」の予告編動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧