アートとデザイン

「ブレードランナー」を1万2千597枚の水彩画でアニメーションにした「Blade Runner – The Aquarelle Edition」


サイバーパンクSFアクション映画の代名詞である「ブレードランナー」については近未来的なイメージが好き、という人と静かで内省的な雰囲気が好き、という人に分かれるように思いますがこの「Blade Runner – The Aquarelle Edition」は、後者の人に刺さるアニメーション。1万2千597枚の水彩画で作られたアニメーションはとても抒情的です。


Blade Runner – The Aquarelle Edition」は約1年かけて描かれた約1万2千枚の水彩画のアニメと、原作の音声を合わせた動画。完全再現ではなく、再編集作品となっています。

1コマの大きさは1.5×3cmほどとのこと。1万枚というのは容易な数ではありませんね。
Blade Runner – The Aquarelle Edition – YouTube

ブレードランナーの再構成モノ動画と言えば60秒に圧縮した「Speedrun」ものや、「カサブランカ」のようなハードボイルド映画調に作ったものなど素敵なものがたくさんあります。イメージを励起させるような映画はやはり名作です。

関連記事

レプリカントとひたすら追いかけっこ「ブレードランナー」を60秒に圧縮した動画 - DNA

哀愁のSF「ブレードランナー」を1940年代風にアレンジした予告編がハードボイルドすぎる - DNA

ローテクでよりサイバーパンクに見える「ブレード・ランナー」のスーファミ風動画 - DNA

Arduinoを仕込んだテディベアに「ブレードランナー」の名セリフを喋らせる動画 - DNA

「東京×ブレードランナー」なタイムラプス動画「android dreams」 - DNA

名作SF「ブレードランナー」公開前の視聴者アンケートは酷評だらけだった - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧