アートとデザイン

ミニスカのマーチングバンドが棺桶のまわりで演奏する台湾のお葬式の映像


お葬式というと、参加する人数の違いがあるとはいえおおむねトーンを抑えたしめやかなものというのが日本では一般的ですが、お国が違えばその常識も当然違います。台湾のお葬式ではミニスカートのマーチングバンドが棺桶の周りをぐるぐるまわりながら演奏するそうです。


曲は台湾の人気歌手、伍佰(500)の「你是我的花朵(君は僕の花)」
奠前獻樂 (你是我的花朵) – YouTube

台湾ではお葬式の際にこうして棺の周りで音楽を演奏するのが習慣になっているようです。こちらはより歌謡曲っぽい懐かしいメロディでの演奏。
秀娟女子樂隊-轉棺.鬧廳 – YouTube

お葬式の式典だけでなく、かざりつけや衣装が豪華な場合もありますね。西アフリカ・ガーナでは独自の進化を遂げたアート過ぎる棺桶が使われますし、ロシアではマフィアがものすごいお墓を作ったりしています。

アメリカにも南部を中心に讃美歌をジャズの和音で演奏する「ジャズ葬」が行われることがあります。お葬式とは思えないパワフルなサウンドで故人が送られます。ほんとうに色々な形がありますね。
New Orleans Jazz Funeral for tuba player Kerwin James – YouTube

関連記事

西アフリカ・ガーナで独自の進化を遂げたアート棺桶の画像いろいろ - DNA

アメリカ流・最も陽気に辞表を提出する方法 - DNA

無敵の楽しさをかもし出しているベルギーのマーチングバンドの動画 - DNA

大観衆熱狂、マーチングバンドの巨大マイケル・ジャクソンが華麗にムーンウォークを決める - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧