科学と技術

レーザーで狙いをつけられるバリカン「Philips Beard Trimmer 9000」


肌へのやさしさ、そして切れ味を重視するバリカンや電動ヒゲ剃りはもう技術的には限界のところまで来ているのでしょうか。フィリップス社は「刃を当てるとどこが剃れるのか」が刃を当てる前に分かるレーザーサイト付きバリカンを発売しています。


ヒゲや髪の毛をそってしまう分には特に問題がないのですが、ちょっと残したり形を整える際は左右対称にする必要があり、これは練習とカンが必要になります。フィリップス社の「Philips Beard Trimmer 9000」なら、どこがどれくらい剃れるのかすぐに分かるという仕組み。

もちろん防水でメンテしやすい構造です。

動画はこちらから。おしゃれ口ひげから気合の坊主まで自由自在です。
Philips Beard Trimmer 9000 – YouTube

ソース:Philips Norelco BEARDTRIMMER Series 9000 BT9295/41 – waterproof beard trimmer

関連記事

超精密カットができるかもしれない「レーザー誘導式ハサミ」 - DNA

レーザーサイトつきハンドアックスを華麗に叩き込むタクティカル・パルクール動画 - DNA

レーザーでタマを誘導するハイテク新スポーツ「レーザー・ボーリング」 - DNA

レーザー誘導により恐るべき兵器と化したドーベルマンの動画 - DNA

レーザー光線でインスタントコーヒーやポップコーンを調理する動画 - DNA

ヒゲを濡らさないのは紳士のたしなみ、19世紀末に流行した「口ひげガードつき紅茶カップ」 - DNA

今日から君もデルタフォース、特殊部隊の人風のニットつけヒゲで冬を乗り切る - DNA

信じたくないほどの変化……このおじいさんはいったい誰でしょう - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧