世界のびっくりニュース

色々な磁気カードのデータを読み取り1枚にまとめることができるスマートカード「Coin」


クレジットカードや銀行のカードで財布はすぐにいっぱいになってしまいますが、磁気テープ式のカードはすべてこの「Coin」にまとめることができる日が来るかもしれません。データをスマートフォンアプリで読み取り「Coin」に転送することで、まるで元のカードのように振る舞います。


「Coin」はクレジットカードなどの磁気テープ部分を読み取って元のカードと同じデータを出力できるスマートカード。

この磁気リーダーを使って、まず電話にデータを転送します。

読み取り。電話本体には何枚でもカードのデータを保存しておけます。

あとはカードの画像を撮って保存終了。Bluetooth経由でCoin本体にデータを転送します。

使用時はボタンで該当カードを選択。「Coin」内部には8枚のカードデータが保存できるので、適宜入れ替えて使うことになります。

ある時間以上カードが携帯電話と離れると、アプリがアラートを出し同時にCoinは使用不能になります。置き忘れや盗難の際も、一定のセキュリティを保つことができます。

ICチップ機能は使えないのも欠点ですが、もう少しブラッシュアップすると面白いガジェットになりそうですね。小売価格は100ドル。現在50ドルでプレオーダーを受け付けています。
One Coin for All of Your Cards – YouTube

関連記事

クレジットカードサイズの携帯用スキャナ「SlimScan」 - DNA

フィルムカメラをデジタルカメラに変身させられるフィルム型CMOSセンサ「DigiPod」 - DNA

視覚障害者でも使いやすい、購入内容が点字で浮かび上がる電子クレジットカード - DNA

60m先から撮影した画像から鍵をコピーすることができるソフト「Sneakey」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧